中折れを速やかに解決するにはレビトラが効果抜群!

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは水溶性で水に溶けやすく、短時間でペニスを勃起させる効果があります。
男性は性的な刺激を受けると、血液中の一酸化窒素濃度が上昇して血管が開きます。

さらに血液中でcGMPの濃度が高まり、平滑筋が弛緩して海綿体に血液が流入します。cGMPは天然の血管拡張剤です。
海綿体に血液が流入することでペニスが勃起します。
射精後はPDE5という酵素がcGMPを壊して平滑筋を緊張させ、海綿体への血流を抑制することで勃起が終わります。

ペニスの勃起をコントロールするには、cGMPとPDE5のバランスが重要です。
レビトラに含まれるバルデナフィルは増え過ぎたPDE5の働きを抑制します。

その結果としてcGMPが増えて血管が開き、ペニスが勃起しやすくなります。
レビトラは水溶性で効果が現れやすく、空腹時に服用すると約20分でペニスが勃起します。

また服用から約45分で血中濃度と効果が最大となります。
使用方法としては、性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。

レビトラは即効性があり短時間でペニスを勃起させることができますが、副作用を発症しやすいという特徴もあります。
バルデナフィルの副作用は服用した患者の9割以上に現れます。
副作用にはめまいや頭痛、顔のほてり、鼻づまり、消化不良などがあります。
いずれも基本的に症状が軽く、数時間経過すれば自然と回復するのが通常です。
市販の頭痛薬を使用すれば頭痛を抑えることができます。

レビトラは空腹時に服用するのが通常です。
頭痛薬と同時に胃腸薬も服用すると胃の粘膜を保護できます。

バルデナフィルは食事の影響を受けにくいというメリットがあります。
エネルギー量が700kcalまで、脂肪分が30%までの食事であれば効果に影響はありません。
ただし空腹時に服用した方が効果が高まります。
食後に服用する場合には、消化するまで待つのが効果的な使用方法です。

レビトラはアルコールのまわりが速くなる

レビトラは性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的な使用方法ですが、少量のアルコールで服用することもできます。
アルコールは気分をリラックスさせるので、ペニスが勃起しやすくなります。
cGMPとPDE5のバランスが崩れる原因には様々なものがありますが、ストレスや悩みなども原因の1つです。

アルコールにより精神的にリラックスすることで、レビトラの効果が高まります。
ただし過度の飲酒が酩酊状態を招き、性行為を困難にするので注意が必要です。

バルデナフィルには血管を拡張して血流を促進する効果があります。
服用後はアルコールがまわりやすい状態となるので、飲酒を控えます。
服用時には少量のアルコールを摂取できますが、服用後は摂取できないので注意が必要です。

レビトラは基本的に食事の影響を受けにくいという特徴があります。
少量であれば服用時にアルコールを摂取することも可能です。
ただしグレープフルーツジュースのようにフラノクマリン酸を含む食品は、一緒に摂取できません。

フラノクマリン酸は、薬物代謝酵素の働きを阻害してレビトラの血中濃度を高める働きがあります。
血中濃度が異常に上昇すると副作用が重くなります。
レビトラにはめまいなどの副作用がありますが、基本的に症状は軽く安全です。

しかしグレープフルーツジュースのようなフラノクマリン酸を含む食品を一緒に摂取すると、副作用が重くなります。
フラノクマリン酸はグレープフルーツ以外にもハッサクやザボンなどにも含まれています。
同じ柑橘類でもレモンやカボスなどにはあまり含まれていません。

フラノクマリン酸を含む食品を摂取した場合は、レビトラを服用するまで1日以上の間隔を置く必要があります。
レビトラは正しい使用方法を守ることで、安全かつ迅速にペニスを勃起させることができます。