最新のED治療薬シアリスは脅威の効果時間!

「シアリス」は世界規模で有名な勃起不全治療薬の一つ。
2013年には世界シェア1位を獲得するなど、非常に高い人気をもつ薬です。
海外で初めて販売が開始されたのが2003年、その後国内でも2007年に認可を受け、現在では「5mg・10mg・20mg」の3種類の用量が販売されています。

非常に大きな支持を受けているシアリスですが、その大きな理由の一つが「圧倒的な効果時間の長さ」です。
従来の治療薬はその効き目が数時間程度しか持続せず、性行為直前に服用する必要があるなど利便性に難がありました。
一方でシアリスは服用後の効き目が「約36時間」と長時間続くため、性行為が期待できる前日に飲んでおけるなど、非常に使い勝手が良い薬となっています。
金曜の夜に服用すれば、土曜さらには日曜まで効果が続くと「ウィークエンドピル」などと呼ばれ、海外では非常に親しまれている薬となっています。

シアリスのこうした効果は全身の血流を良くすることで生じているものです。
勃起は性的興奮が下半身に伝わることで陰茎内の血管が拡張、血液が充満することで起きる現象です。
この陰茎の血管拡張に関わっている物質が「cGMP」であり、cGMPは陰茎内の血管平滑筋を弛緩させその血管を拡張することで勃起を生じさせる働きをもちます。
その一方、cGMPを分解する物質「PDE5」の生成が増加すること勃起は収まる、という仕組みが身体にはあります。

シアリスに含まれる有効成分「タダラフィル」は、このPDE5を阻害するという性質をもちます。
これによりcGMPの分解を阻止し、陰茎内の血管拡張を持続させることで強い勃起を生み出しているのです。

またタダラフィルには体内での吸収が緩やかであるという特性もあります。
これにより服用後の即効性は期待できない反面、ウィークエンドピルと呼ばれるほどの非常に長い効果時間を実現しています。
ちなみに服用後に効き目が現れるまでの時間は約1時間かかります。

シアリスを入手するには通販を利用するという方法がありますが、中にはシアリスの偽造品を販売している悪質なサイトも存在します。
なので、しっかりと業者や商品の情報を確認して、シアリスの正規品を通販で購入しましょう。

シアリスは食事の影響を受けにくい

シアリスの使用方法としては1回1錠を、水またはぬるま湯などで行うのが基本となっています。
ジュースなどでの服用は薬の作用が正しく行われない可能性があるためできれば避けたほうが良いでしょう。
また効き目が切れてから次の服用を行う必要があるため、36時間以上あけてから再度の利用は行ってください。

シアリスは食事の影響を受けない薬といわれており、食事のタイミングを気にせずいつ服用しても良いとされています。
しかし食事の影響がまったくないわけではなくメーカーが公表しているデータによれば「800キロカロリー」までの食事内容であれば影響がないとされています。
これは一般的な牛丼の並盛1杯程度のカロリーですので、これを超える食事では効き目が十分でないことがあることを留意しておいてください。

こうした食事の影響などを避けたいのであれば、空腹時に服用する使用方法がおすすめです。
空腹時は薬が最も体内に吸収されるタイミングですので、効き目を最大に引き出すことができます。

シアリスは副作用が少ない薬といわれていますが、低い確率ながらいくつか症状が現れる場合があります。
よくあるのが「頭痛・顔の火照り・胃もたれ」といった副作用症状です。

これらは有効成分タダラフィルの作用である血管拡張効果が陰茎以外の血管にも働くことで生じているものですので、過度な心配は無用です。
薬の効き目が現れている証拠と考えてもよく、こうした症状は時間と共に消失していくのが一般的です。
ただし、軽い症状のものであってもいつまでも続く場合や、重い症状が現れた場合には医師に相談することが大切です。

また「併用禁忌薬」と呼ばれる同時服用できない薬があることも知っておいてください。
ニトログリセリンなどの降圧剤は血管に作用する薬であるためシアリスと効果が重複、血圧が急激に低下し命の危険さえあります。
現在服用中の薬がある場合には医師のその旨を伝え、併用に問題がないか十分に確認をとるようにしてください。